パスポートが自分とおばあちゃんを引き寄せた

第三国ツアー直前に申請したパスポートを

受け入れに行ったシーン、偶然が重なりました。

本当は朝ゼロで受け入れに行きたかったのですが

何やかややるうちに真昼そばなり

慌ててパスポートを取りに行きました。

パスポート受け入れスタートのいる住まいへ行くため

最後の交差点で待っていた点…

偶然にもおばあちゃんに突き当たりました。

交差点で待っているときに

「おばあちゃん似の他人ですな」と思っていました。

カバンも見た定義残る賜物だったんですよね。

サイン機会が青になり、通過歩道を達すると…

私の真横を受かるときに「◯◯がさ、」と私の姓名!

要所と要所が結びつき駆け寄ると、おばあちゃんでした。

おばあちゃんたちはパスポートセンターに用があった訳ではなく

「とっくにここでパスポート申請したな」と懐かしくなり

おんなじ住まい内面の食堂で食事してきたそうです。

今後聞くと、普段は大いに落っこちるそうです。

パスポートが何か不思議な先を運んできました。

しばらく、おばあちゃんに会えていなかったので
心から嬉しかったのが今でも鮮明に覚えています。http://xn--eckr4nmb8013awx5cgxyaydq.xyz