初、ワーキングホリデー体験。郷里はいいな

前週後半、「僻地体験してみない?」との案内に便乗し、友人のお家へ試合に行ってみました。

農家を営んでいるのは知っていたので、僻地事例&助け、ということはもとより知っておりましたが…
収益、まったくリフレッシュすることができました。

何が最高良かったかというと…とにかく閑寂という点だ。

360ごと畑や森に囲まれている結果、近所の音質は合計なく、周囲も気になりません。
また、友人の身寄りも外のキャラクターを助けで泊まらせることになれているため、必要以上の干渉もせず、気を遣う機会が安いのもGOOD。
者を泊まらせるために建てたコテージの感じ(ホール総和は1スパンしかないけれど、10者以上は泊まれるほどの広さで、古臭いキッチン付き)を用意してくれたので、友人の身寄りの目線を気にすることなく、羽を伸ばせました。

肝心の農作業は、ウィークデイに結果が弱いみたい、簡単な稼業を割り振ってくれたのでそこまで気掛かりにならず…。
いわゆるワーキングホリデーというものを経験した感じ。

もちろんキャラクターは自然の中で生きるべき、哺乳類ですなぁと実感した週末でした。
そんなお家がある仲良しがわずかねたましい。お嬢様酵素 ドラッグストア