松坂大輔炎上!やはりもう限界なのか?でもやはり期待してしまう

わたしの世代で野球をやっている人にとって、松坂大輔の登場はかなりのセンセーショナルでした。甲子園の決勝でのノーヒットノーランという圧倒的な成績で西武入りし、プロ入り後も怪物の名前にふさわしい活躍を続けます。ついにはメジャーへ。松坂世代とも呼ばれるソフトバンク和田、ジャイアンツ村田らそうそうたるメンバーの中でもひときわ輝きを放ち続けていた松坂が、日本球界復帰後かなりのバッシングを受けながらリハビリを続けていました。松坂のいい時を知っているものにとって、怪物松坂ならもう一度復活するんじゃないかという期待を持ち続けていたのですが、今シーズンの初登板となった楽天とのソフトバンクレギュラーシーズン最終戦で1回を5失点と散々な内容でした。投げられるようになっただけでもという見方もできますが、松坂大輔はもはや怪物ではなくなったのかもしれません。おそらくCSでも登板機会はないでしょうから残すは契約最終年となる来シーズンのみ。今一度怪物の片りんくらいは見たいと願っています。http://www.mizarllc.co/